サービス業から会社事務に転職した素直な感想。

 

こんにちはリンゴリラです🍎🦍

 

実は私、

サービス業(パティシエ)から会社事務に転職しました。

 

転職して1番いま思っていること、それは、

サービス業は仕事が大変なのに、なんで給料がこんなに低いのか。

ということ。

 

サービス業は、

ずっと立ち仕事、休みはバラバラ、ゴールデンウィークやお正月はもれなく出勤、残業代はない・・・。

 

デスクワークをしてみて改めて、

サービス業の大変さ、それに対する給料の少なさを実感しました。

 

なんでサービス業は給料が低いのか?

それについて調べてみて分かったことを書いて行きます。

   f:id:rinngorira:20180701131255p:image

 

 

調べてみてわかったこと①

サービス業は実は誰でもできる仕事だった

サービス業はキャリア(会社での経験)が無くても始めることができる仕事で、

アルバイトが多いのは実は誰でもできるから。

 

経営者側も、お金が入る仕組みが会社よりも分かりやすいから始める人が多い。

いっぱいあるお店の中で、どうかしてお客様を引き付けないと収入がない。

ただそれは難しいから人件費を削るしかない

っていう状況になっている。

 

だけど労働者側からしたら、経営の状態なんて分からない。

給料低い理由が分からない、もっともらっていいはずだ!ってなります。

実際に私も経営のことなんて、考えたこともなかったし、

給料低すぎて生きるのに精一杯でした。

 

調べてみてわかったこと➁

低価格、神対応が当たり前になってきた

飲食店でお客様が求めるものが 低価格、神対応。それに応えなくてはいけない、それに応えるのが当たり前になってきた。

ちょっとした対応の間違いでクレームがくるようになって、

通常業務(神対応)とプラスでクレーム対応の仕事が増えて、仕事量が給料と合わないと感じる。

だけど、上で言った通りサービス業は沢山お店があって収入が少ないから 

そこで経営者と労働者の溝ができできます。

 

 

調べてみてわかったこと③

この上で言ったサービス業の仕組みは、

サービス業を抜けて別業界に入らないと見えてこない

実体験でサービス業にいる時は、

自分しかできない仕事だって思っていたけど、離れて冷静に考えると、

サービス業は若い人が多くて、正社員で定年まで働いている人が少ない。

つまり大人になっていく途中で 

この業界は正社員でずっといる場所ではないって気づいて離れる人が多いことを示しています。

ただこのことに気づいたのは、辞めて転職したから。

転職しなかったら、何にも考えずにサービス業にいたかもしれません。 

 

 

今、サービス業の人が見たら、

こんな事言われて腹が立つと思います。

私も働いてた時にこの記事に出会ったら

アンチコメをしてしまうかもしれません。

 

サービス業に戻るのは簡単です。

もし、サービス業しか知らないのであれば、

別業界に入って比較してみてください!

 

以上、リンゴリラでした!